2005年05月18日

キングダム・オブ・ヘブン

目標体重:99.5kg
目標までの残り:-7.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:107.0kg
BMI:31.6
食事
昼食
タコライス、おみそ汁
夕食
サラミピザ、梅風味パスタ、ポテト、コーヒー
おやつ
おにぎり
キングダム・オブ・ヘブン
 時は12世紀、十字軍がエルサレムを支配していた時代。
 主人公は騎士となり、イスラムとの戦争に巻き込まれていく。
 時代物超大作。

 つーわけで天国の王国です。
 天国の王国=エルサレムなわけですが、そこが楽園であるとは限らないわけで。
 ディティール好きにはたまらない作品になったのでは?
 大規模戦闘の兵力の削り合いは見物です。さすが!
 時期的にやばいかもしれない、キリスト教vsイスラム教という題材をうまく消化出来ていた気がします。これを観て、イスラムを馬鹿にするのか!と怒る人は居ないと思うし。
 相変わらず、主人公の彼(名前忘れた)はかっこいいですし。
 ただ、音楽がちょっとアラブ系?なので、僕の魂にビビビンとは来ませんでした。
 長いので観る方は、覚悟を! 眠くなるかも知れません。


 ネタバレ? しかし、話しが飛びすぎで、騎士になる直前から、どどどどどーーーっと早送りだったんですよね。
 最近、「もっと掘り下げればいいのに」と思うのが多いのですが、これもその一つでした。
 主人公以外の心理描写、人間関係が唐突でわかりにくい。いや、わかるのですが、そこに至る過程がわからないのです。「この人がこう思ってるのはわかる、でもなぜ?」と言う感じ。
 特に、十字軍内部の権力闘争などがメインで、そのせいで大戦争になるのに、人物が薄っぺらい。
 イスラム軍の王さまがかっこよかったなー、というぐらいでしょうか。

 ただ、映像のこだわり、については、良かったのではないかと。
 ああいう大規模戦は、ファンタジーRPGをしていると、参考になります。最近は、ヒーローPCが主なので、兵力の削り合いは似合いませんが、ほんとうはああいう物なんだよな、と。
posted by うっちゃん at 12:00| 普通普通| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。