2006年02月27日

オリンピックが終わった

 トリノ五輪が終わったそうです。
 冬五輪の盛り上がりは、まぁ、毎回こんなもんでしょう。

 さて、中継を観て思ったのですが、マスコミが酷い。酷すぎる。
 普段、愛国心の欠片もない連中が、こんな時だけ、日本日本、日本にメダルを、と連呼する。
 五輪は、国威発動の場でもなければ、政治の場でもない。
 世界最高の技を観るための五輪であるはずなのに。

 少なくとも、僕は、最高の技を観るために観ていた。
 だから、どの国の人でも、最高の拍手を送りたかった。
 自国のトップの人間が、自分の限界をだしたのならば、結果はどうでもよかった。
 結果を気にするのは、当事者の仕事だから。

 報道の話しに戻ろう。
 報道とは、事実を伝えることに意味があると思う。
 その中に、個人の感情はいらない。
 多少入ってしまうかもしれないが、極力排除する必要があると思う。
 報道のうち、中継なら尚更だ。

 つまり、観ていて、楽しくない報道、中継が続いた2週間でした。


 好きなドラマでこんな台詞があった。
「ただ、ジャーナリストではない、と言うことですよ」
posted by うっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13901463

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。